映画「童貞ペンギン」と動物映画

このカテゴリーでは、映画「 童貞ペンギン -FARCE OF THE PENGUINS- 」などに代表される、動物映画に関するバリエーション豊富な数多くのコンテンツを紹介して参りたいと考えます。
映画「 童貞ペンギン -FARCE OF THE PENGUINS- 」は、コウテイペンギンを素材としたドキュメンタリー映画「皇帝ペンギン」をパロディにしたアメリカのビデオ映画で、日本でも全国公開された作品です。

動物が主演したり、重要な役を演じたりする動物映画には、犬や猫などだけではなく、キツネや鳥、ペンギン、熊、サメ、豚、ライオン、馬等、バリエーション豊富な数多くの動物が出演し、動物と人間との結びつきや交流、動物社会や動物一家の生活、成長、一生、狩りや旅、動物の脅威等バラエティ豊かなテーマを取り扱います。
動物映画には、制作者の意図に反して、動物愛護団体などによって「動物を虐待している」と指摘されるケースも少なくありませんので、注意する必要があります。

恐竜映画は、実存しない爬虫類を素材としているので、CGや合成処理を駆使して、如何に本物そっくりの恐竜を再現出来るかどうかが作品の優劣を決定することになります。
動物と人間との結びつきや心の触れ合いをテーマとした作品は、教育的要素を多分に含んでいるので、学校教育の一環として視聴されたり、数々の称号を与えられたりするケースも少なくありません。

吹き替えやCG、合成など、特殊な映像・音声処理を施した動物映画では、それら処理技術のクオリティによって、作品の優劣が決定されることとなります。
本物の動物を使う場合も、特殊な処理を施す場合も、如何にリアリズムを追求出来るかが大切であることに変わりはありません。